三十三観音とは

観世音菩薩とは、世間の人々が救いを求める声を聞くと直ちに救済する求道者という意味のようです。救う相手の姿に応じて、千変万化の相となるといわれ、阿弥陀仏の脇侍でもあります。

 

胎蔵界曼荼羅の中台八葉院西北、また蓮華部院の主尊。

観世音菩薩は『法華経普門品(ほけきょうふもんぼん)』で三十三身を示現すると説いています。従って、観音霊場が 33ヵ所が基本となっている根拠はここにあります。

 

また『観音経』では、総体は聖観音で、千手観音、十一面観音、准胝(じゅんてい)観音、馬頭観音、如意輪観音の六観音のほか不空羂索観音を加えて七観音というなどといいます。

三十三観音

法華経普門品(ほけきょうふもんぼん)の説く三十三身(さんじゅうさんじん)に基づき、俗信の観音を33種並べたものをいいます。

楊柳観音・ようりゅう 竜頭観音・りゅうず 持経観音・じきょう
円光観音・えんこう 遊戯観音・ゆげ 白衣観音・びゃくえ
蓮臥観音・れんが 滝見観音・たきみ 施薬観音・せやく
魚籃観音・ぎょらん 徳王観音・とくおう 水月観音・すいげつ
一葉観音・いちよう 青頭観音・しょうず 威徳観音・いとく
延命観音・えんめい 衆宝観音・しゅほう 岩戸観音・いわと
能静観音・のうじょう 阿耨観音・あのく 阿麼提観音・あまたい
葉衣観音・ようえ 瑠璃観音・るり 多羅尊観音・たらそん
蛤蜊観音・こうり 六時観音・ろくじ 普悲観音・ふひ
馬郎婦観音・めろうふ 合掌観音・がっしょう 一如観音・いちにょ
不二観音・ふじ 持蓮観音・じれん 灑水観音・しゃすい

トップへ戻る