二十九番札所 笹戸山 長泉院

29番札所は、文暦元年(1234年)性空上人ら十三権者が秩父巡礼をした際に、石札(せきさつ)を納めたことから石札堂と呼ばれるようになりました。
石札には『石札定置巡礼』と彫られていて、本尊前に寺宝として祀られています。

御詠歌

わけのぼり 結ぶ笹の戸おし開き 仏を拝む身こそたのもし

ご本尊・宗派

聖観世音菩薩・曹洞宗

住所・電話

住所:埼玉県秩父市荒川上田野557
電話:0494-54-1106

広重二代・国貞初代「観音霊験記 秩父巡礼」の目録から

(29)笹の戸 見目山 長泉院・竜女

トップへ戻る