十七番札所 実正山 定林寺

秩父33ヶ所札所だったころの『長享番付』には、札所一番と記されているのが、現在の17番札所の定林寺です。地元秩父地方の人たちが巡礼するのに回る順序として一番適していたようです。その後の番付は秩父神社境内にあった1寺院の蔵元寺の廃寺に伴い、少林寺に引き継がれた以外は当時のまま引き継がれています。

17番定林寺階段左手の地蔵

17番定林寺階段

定林寺鐘突堂

17番定林寺階段左手の地蔵

17番定林寺階段

17番定林寺鐘突堂

地蔵尊

高くなっている基礎

鐘を突く

17番定林寺正面へのアプローチ

17番定林寺観音堂

17番定林寺天井画

17番定林寺正面へのアプローチ

17番定林寺観音堂

17番定林寺天井画

手前左手は民家がある

お参りの気をそそる風情

天井にも味わいのある絵

17番定林寺観音堂壁面1

17番定林寺観音堂壁面2

定林寺観音堂左手奥の納経所

17番定林寺観音堂壁面1

17番定林寺観音堂壁面2

17番定林寺納経所

左手の鳳凰

右手の鳳凰

納経する人が多い

御詠歌

あらましを 思い定めし林寺 鐘ききあえず夢ぞさめける

ご本尊・宗派

十一面観世音:曹洞宗

住所・電話

住所:埼玉県秩父市桜木町21-3
電話:0494-22-6857

広重二代・国貞初代「観音霊験記 秩父巡礼」の目録から

(17)定林寺・林太郎定元

トップへ戻る