二十一番札所 要光山 観音寺

秩父市教育委員会の記した旧「史跡指定」に誤字(堂前←道前)を発見。
下の説明書きの方が新しいようで、新旧2枚の案内板が各寺院に置かれているようです。新しい掲示板には六地蔵の写真が掲載されています。しかし、観音寺の従前の歴史とは関係なさそう。平成4年、地域有志によって設置された六地蔵の写真を加えただけで、内容に変更はなさそうです。

21番札所観音寺

21番札所観音寺正面

21番札所観音寺案内板

21番札所観音寺

21番札所観音寺正面

21番札所観音寺案内板

観光トイレ

観光トイレ

観音寺の教育委員会説明書き

21番札所観音寺となりに観光トイレ

21番札所観音寺となりに観光トイレ

21番札所観音寺の教育委員会説明書き

観音寺境内手水舎と2本杉

観音寺境内と本堂

観音寺観音堂と納経所

21番札所観音寺境内手水舎と2本杉

21番札所観音寺境内と本堂

21番札所観音寺観音堂と納経所

この『観光トイレ』は手入れが行き届いていない。秩父市の担当課の掲示があるだけで、責任ある管理がされていないのは残念でした。

矢乃堂の由来

電車の中の働き盛りの人たち

行基菩薩がこの地をおとずれて八幡宮の社地に聖観音像を祀ろうとした時、悪鬼たちが現れて邪魔をしたが、八幡神が馳せ参じて神矢を放って追い払ったという縁起や、古くはこの堂は日本武尊が東征のとき矢を納め社を建てた場所に由来する矢納(矢納村)にあったものをこの地に移したとする説、或いは平将門が矢を納めた場所とする説など諸説あります。

観音寺の六地蔵

六地蔵

六地蔵由来

21番札所観音寺の六地蔵

21番札所観音寺の六地蔵の由来

御詠歌

あずさ弓 射る矢の堂に詣できて 願いし法にあたる嬉しき

ご本尊・宗派

聖観世音菩薩・真言宗豊山派

住所・電話

住所:埼玉県秩父市寺尾2354
電話:0494-24-7263

広重二代・国貞初代「観音霊験記 秩父巡礼」の目録から

(21)矢の堂 要光山 観音寺・八幡宮の神鏑

トップへ戻る