「観音霊験記」〜秩父札所の額絵

秩父札所巡りは西暦1000年以前からあったようですが、江戸時代になると秩父巡礼とがさかんに行われるようになりました。当然、歩くわけですから、それなりに元気なはずです。 ただ、当時は感染症に対する科学が進んでいませんから、栄養の不足とともに、感染症による疫病が蔓延したりして、長生きの人はいる一方で平均寿命は短いものでした。 それを何とかしたいという思いが、「巡礼」に結びついているのではないでしょうか。

浅賀三千子さんの手による「観音霊験記」模写の奉納

秩父のちょうちん屋の女将、浅賀三千子氏が1988年から25年かけて描き、34の札所すべてに奉納したといいます。なかなか味わいのある額絵で、全ての札所にあるといいますが、札所ごとに掲げる場所も違うことから、どこに掲げられているの探してみてはいかがでしょう。

1番誦経山 四萬部寺

2番大棚山 真福寺

3番岩本山 常泉寺

4番高谷山 金昌寺

幼通比丘

大棚夜行鬼女

子持石

荒木丹下

5番小川山 語歌堂
(語歌寺)

6番向陽山 卜雲寺
(荻の堂)

7番青苔山 法長寺
(牛伏堂)

8番青苔山 西善寺

本間孫八

禅客

花園左衛門督長臣某

唄念仏

9番明星山 明智寺

10番万松山 大慈寺

11番南石山 常楽寺
(坂氷)

12番仏道山 野坂寺

横瀬の兵衛

摂州の儒士

住持門海

甲斐の商人

13番籏下山 慈眼寺

14番長岳山 今宮坊

15番母巣山 蔵福寺
後に少林寺に引き継がれる

16番無量山 西光寺

13番慈眼寺「観音霊験記」

火災の利益

武田信玄の家臣 石原宮内

湯尾峠の奇談

円比丘

17番実正山 定林寺

18番白道山 神門寺

19番飛淵山 竜石寺

20番法王山 岩之上堂

20番札所

林太郎定元

神門山 修験長生院
巫女の神託

行の尊像

(岩の上別当内田定金)
寺尾村の孝子

21番要光山 観音寺
(矢の堂)

22番西陽山 栄福寺
(童堂)

23番松風山 音楽寺
(小鹿坂)

24番光智山 法泉寺
(白山)

22番札所

八幡宮の神鏑

讃州の人化犬

内山源蔵

戀ケ窪の遊女

25番岩谷山 久昌寺
(久那)

26番万松山 円融寺
(下影森)

27番竜河山 大淵寺
(上影森)

28番石竜山 橋立寺
(橋立)

奥野の鬼女

秩父次郎重忠

行脚僧宝明

郡司報蛇身

29番見目山 長泉院
(笹の戸)

30番瑞竜山 宝雲寺
(深谷)

31番鷲屈山 観音院

32番石舩山 法性寺
(般若)

竜女

唐鏡

本多次郎親常

豊島櫂守の娘

33番延命山 菊水寺
(小坂下)

34番日沢山 水潜寺

楠正成

札立峠

トップへ戻る