秩父巡礼の食事処と宿

歩く旅を心掛けるようになると、骨休みもかねて美味しい名物や食事も気になります。
ところが、四国遍路ではお寺の間が遠くて、しかも休憩するお店もないことが多いものです。これも修行のうちと割り切ればいいものですが、首都圏に近い秩父で少々味気ないものです。

 

そこで、食事についても記しておくことにしました。
但し、ここが歩き旅の悲しいところで、時間に合わせてお昼時間になるとは限りません。
体力と相談しながら、適宜食事をしたいものです。

 

次に、宿泊についてですが、四国遍路のような宿のイメージとは少々異なります。静かに一人で宿泊するということより、ビジネスホテルかファミリー向けの宿や民宿かといった感じで、単に宿泊だけのビジネスタイプか、厳かな雰囲気より、家族でわいわいする雰囲気の宿が多いようです。

秩父名物

秩父の名物も知っておきたいものです。
食べることができる機会があったら、一度は食べておきたいもの。

豚丼 こんにゃくのみそ田楽とポテト 大根そば
ぶた丼 こんにゃくのみそ田楽とポテトフライ 大根そば

ご先祖様の祀られる

秩父聖地公園の食堂で

ご先祖様の祀られる

秩父聖地公園の食堂で

道の駅「はなぞの」の

隣の区画の蕎麦屋で

武蔵屋のおろしそば 武蔵屋のこんにゃく味噌おでん

「武蔵野」のおろしそば

「武蔵野」のこんにゃくの味噌おでん

そばも旨く、大根おろし、
山葵なども良し

八丁味噌?

大根そばとおろしそばの違い

大根そばもおろしそばもいずれも大根とそばの料理。同じ大根なのに食し方が違いました。大根そばは、大根をそばのように細長く千切りにしたものをそばに足して食べるもので、食べ物が少なかった時代に、大根の千切りを加えて嵩増ししたのが始まりとする説もある。

 

一方のおろしそばは、そばに大根は摺り鉦で卸したものを加えたもの。ネギや山葵などをそえて頂く。

ぶた丼

秩父の名物のひとつに豚丼があるが、名物といえどもお店によって食べ応えのあるお店もあれば、値しないお店もある。有名店は間違いなさそう。

トップへ戻る