観世音菩薩と観音信仰

観世音菩薩とは、世間の人々が救いを求める声を聞くと直ちに救済する求道者という意味のようです。救う相手の姿に応じて、千変万化の相となるといわれます。阿弥陀仏の脇侍でもあります。胎蔵界曼荼羅の中台八葉院西北、また蓮華部院の主尊です。

 

『観音経』には総体は聖観音で、千手観音十一面観音准胝(じゅんてい)観音馬頭観音如意輪観音の六観音のほか不空羂索観音を加えて七観音といいます。

 

観音霊場は 33ヵ所が基本となっていますが、『法華経普門品(ほけきょうふもんぼん)』で三十三身を示現すると説いていることに基づきます。

六観音(七観音)とご真言

六観音は渡来のものではなく、日本で独自で決められたものです。日本独自の六観音が定着していく過程で、真言宗では准胝観音を、天台宗では不空羂索観音が入る点で異なったものとなっています。秩父34ヶ所には不空羂索観音を本尊とする寺院はありません。

 

六観音が六道輪廻からの救いの手を差し伸べてくださいます。

この六道とは、餓鬼界、畜生界、修羅界、地獄界、天界、人間界、人間界を指します。

さらに、楊柳観音を加えた場合に、八大観音と呼ぶこともあります。

 

なお、以下のご真言で上位に表示したものが真言宗、下位に表にしたものが天台宗のご真言です。ちょっと違いが生じているようです。

観自在菩薩と御真言
聖観音 おん あろりきゃ そわか
千手観音 せんじゅかんのん おん ばざら たらま きりく(そわか)

おん ばざら だるま きりく(そわか)

十一面観音 おん まか きゃろにきゃ そわか

おん ろけい じんばら きりく そわか

如意輪観音 おん ば(は)らだ はんどめい うん

オン ハンドメイ(マ) シンダ マニ ジンバ ラ ウン(ソワカ)

馬頭観音 おん あみりとう どはんば うん は(ぱ)った (そわか)
准胝観音 おん しゃれい それい そんでい そわか

おん しゃれい しゅれい じゅんてい そわか

不空羂索観音 おん はんどま だ(た)ら あぼきゃ じゃやでい(しゃてい) そろそろ そわか

オン アボキャ ビジャシャ ウン ハッタ

秩父34ヶ所の変化観音

秩父の札所の変化観音は以下のとおり。

聖観音(21か寺)

一番札所 誦経山 四萬部寺
二番札所 大棚山 真福寺
三番札所 岩本山 常泉寺
六番札所 向陽山 卜雲寺
十番札所 萬松山 大慈寺
十二番札所 佛道山 野坂寺
十三番札所 旗下山 慈眼寺
十四番札所 長岳山 今宮坊
十八番札所 白道山 神門寺
二十番札所 法王山 岩之上堂
二十一番札所 要光山 観音寺
二十二番札所 華台山 童子堂
二十三番札所 松風山 音楽寺
二十四番札所 光智山 法専寺
二十五番札所 岩谷山 久昌寺
二十六番札所 萬松山 圓融寺
二十七番札所 龍河山 大淵寺
二十九番札所 笹戸山 長泉院
三十一番札所 鷲窟山 観音院
三十二番札所 般若山 法性寺
三十三番札所 延命山 菊水寺

十一面観音(6か寺) 四番札所  高谷山 金昌寺

七番札所 青苔山 法長寺
八番札所 清泰山 西善寺
十一番札所 南石山 常楽寺
十五番札所 母巣山 少林寺
十七番札所 実正山 定林寺

千手観音(3か寺)

十六番札所 無量山 西光寺
十九番札所 飛淵山 龍石寺
三十四番札所 日沢山 水潜寺

如意輪観音(2か寺)

九番札所 明星山 明智寺
三十番札所 端龍山 法雲寺

馬頭観音(1か寺)

二十八番札所 石龍山 橋立堂

准胝観音(1か寺) 五番札所 小川山 語歌堂
トップへ戻る